現在位置: ホーム

探しているコンテンツは見つかりましたか? 検索を精密にするには 詳細検索 を試してみてください。

検索結果 13 アイテムが検索語に該当します

常に更新されたこれら検索語のフィードを購読する

次世代省電力・小型デバイス設計の道を拓く ~計算機シミュレーションにより、 電子デバイス中の電子の流れを原子・電子スケールで高精度に解明~
筑波大学計算科学研究センターの小野倫也准教授らは、電子デバイス中の電子の流れを原子・電子のスケールから高速・高精度に予測できる計算方法を開発しました。さらに、次世代省エネパワーデバイスとして有力な候補である、シリコンカーバイド(SiC)デバイスにおける内部の界面での電子の流れる通路に着目した第一原理シミュレーションを世... 作者: 藤田 里絵 最終変更 2018年09月10日 16時15分
3rd International Symposium on Research and Education of Computational Science (RECS)
This symposium is organized by the Computational Science Alliance of the University of Tokyo, which aims at strengthening education and research with modern ... 作者: 藤田 里絵 最終変更 2018年08月30日 11時15分
国際スクール+SALMONハンズオンチュートリアル International School on Time-Dependent Density Functional Theory and SALMON Hands-on Tutorial
物質科学・光科学分野の大学院生・若手研究者を主な対象とします。 午前は、時間依存密度汎関数理論(TDDFT)に関して基礎からの講義 (講師はE.K.U. Gross, K. Burke, G.F. Bertsch, K. ... 作者: 藤田 里絵 最終変更 2018年08月24日 13時32分
国際シンポジウム International Symposium on Ab Initio Electron Dynamics Simulations
分子やナノ物質、固体における電子ダイナミクスに対する時間依存密度 汎関数理論をはじめとする第一原理計算手法を用いたアプローチの発展を テーマとする国際シンポジウムです。 作者: 藤田 里絵 最終変更 2018年08月24日 13時52分
第6回材料系ワークショップ 〜大規模シミュレーションと機械学習の新展開〜
スーパーコンピュータの利活用が進み、大規模シミュレーションや機械学習を援用したシミュレーションの研究成果事例も増えています。 本ワークショップでは、これまでにも企業や研究機関などの材料系分野の研究・開発者の方にシミュレーションの有効性を知って頂くことを目的に、材料系アプリケーションの使い方や研究活用事例、大規模シミュ... 作者: 藤田 里絵 最終変更 2018年08月24日 11時34分
計算科学による分光理論の進展 ~SPring-8との連携を目指して~          ポスト「京」重点課題 (7)サブ課題G 第9回「共通基盤シミュレーション手法」連続研究会 
SPring-8の放射光を用いた表面・界面・ナノ系・強相関系の多彩な実験データを精密に解析し、その背後のある本質を見極める理論研究が求められている現在、第一原理計算手法や多体電子系計算手法による最新の大規模数値シミュレーションを用いた分光理論が着実に進展している。本研究会では、様々な系に対する計算科学による分光理論の進... 作者: 藤田 里絵 最終変更 2018年08月06日 16時38分
第2回計算物質科学イノベーションキャンプ ~数値ライブラリを活用した数理科学と計算物質科学の連携~
本キャンプでは、数理連携に着目し、数値計算ライブラリを通して最先端の数理アルゴリズムに触れ、その特性および活用方法について学ぶことを目的としている。チームでの実習を通し手法を身に着け、各自の研究やプロジェクトの課題解決に役立てることを目指す。また、講師を招き、物性物理学からのニーズや、そこから派生した数理連携による... 作者: 藤田 里絵 最終変更 2018年08月06日 15時57分
【人材公募】文部科学省CDMSI (ポスト「京」重点課題 (7)) 東北大学金属材料研究所 拠点研究員
作者: 藤田 里絵 最終変更 2018年08月02日 11時25分 — タグ:
ポスト「京」重点課題(7)サブ課題G 第8回「共通基盤シミュレーション手法 」連続研究会 「データ駆動科学と高速計算科学」
近年注目されてきている、データ駆動科学と高速計算科学の融合を目指して、分野融合型研究会を開催する。いわゆる「人工知能」(AI)の中核として、データ駆動科学が躍進している。 次世代においては大量演算・大量データを扱うが、それを可能とする高速計算技術(HPC)が必要となっている(HPC/AI融合)。 この潮流は、高速計... 作者: 藤田 里絵 最終変更 2018年07月10日 09時48分 — タグ:
H30年度 ポスト「京」重点課題(7) 第3回CDMSI研究会
CDMSI内外の参加者の方々と先端的な物質科学計算に関する研究の進捗を共有し、協創を促します。 また、産業改からコメントや要望を頂き、より良い方向へ研究を推進していきたいと考えております。 作者: 藤田 里絵 最終変更 2018年06月15日 14時37分
Symposium on Materials Science and Technology towards Energy-Saving Society (MASTES2018)
3月12日~13日東京大学で開かれる国際研究会 Symposium on Materials Science and Technology towards Energy-Saving Society (MASTES2018) についてご案内いたします。 作者: 藤田 里絵 最終変更 2018年03月16日 09時10分 — タグ:
Form Folder平成30年度CDMSI研究会日程調整
作者: 藤田 里絵 最終変更 2018年02月15日 13時59分
Form Folder平成30年度 CDMSI イベント 日程調整
作者: 藤田 里絵 最終変更 2018年03月19日 16時31分