現在位置: ホーム メンバーエリア 謝辞に関する標記

謝辞に関する標記

作者: 下敷領恵美 最終変更 2017年03月17日 16時33分

ポスト「京」プロジェクトで得られた成果を論文・プレスリリースの形で公表する際は、以下のような謝辞への記載をお願いします。

(和文例)
本研究は、文部科学省ポスト「京」重点課題7「次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創成」(CDMSI)の一環として実施したものです。
(英文例)
This work was supported in part by Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT) of Japan as a social and scientific priority issue (Creation of new functional devices and high-performance
materials to support next-generation industries;CDMSI) to be tackled by using post-K computer.

*「京」、HPCIの計算資源を用いた場合の謝辞は下記のHPCIのWEBページ記載の規定をご参照ください。
「利用研究成果の報告・公開に関する手続き」
(2)成果の公開 ⇒ a)課題番号が明記されている査読付き論文 
http://www.hpci-office.jp/pages/seika



タグ: