現在位置: ホーム イベント 研究会「計算物質科学における時空間アップスケーリングと数理手法」

研究会「計算物質科学における時空間アップスケーリングと数理手法」

作者: shimoshikiryo 最終変更 2016年11月16日 11時07分
Internet of Things (IoT)などの次世代電子デバイスを主要ゴールとし、計算物質科学と数理・情報科学の融合を目指す。 分野融合を担う人材育成も目指す。
日時 2016年11月28日 13時00分 から
2016年11月29日 16時30分
場所 電気通信大学 西9号館3階 AVホール
カレンダーに追加 vCal
iCal

【趣旨】

Internet of Things (IoT)などの次世代電子デバイスを主要ゴールとし、計算物質科学と数理・情報科学の融合を目指す。
分野融合を担う人材育成も目指す。
ポスト京コンピュータ時代では数理手法の重要性が増し、理論と産業のギャップを埋めていくと期待される。物質科学は、
量子力学にもとづく微視的な理論基盤があるが、計算量が膨大になり、一般には、時間的・空間的に極小なスケールしか
扱えない。巨視的な物質・現象を直接扱うために、数理モデル・超並列数理アルゴリズムなどと融合し、ものづくり産業を
目指す。

本研究会は、分野融合を目指す基調講演(3件,各50分)をはじめ、物質科学講演(6件)と数理・情報科学講演(7件)から
なる。前者では、先端的シミュレーションソフトウェアをとりあげ、工学的役割と数理原理とを議論する。後者では、先端的
数理手法やその応用可能性について議論する。前者と後者の接点として必須となる、データ駆動科学との融合やハード
ウェアの新潮流も取り上げる。

【開催概要】

日 時: 2016年11月28日(月)~11月29日(火)
会 場: 電気通信大学 西9号館3階 AVホール
参加費: 無料(但し,懇親会は有料/3,000円程度予定)
世話人:山本有作(電通大), 星健夫(鳥取大学), 松尾宇泰(東京大学)

・プログラム詳細等は ≪こちら≫から

・参加申込は  ≪こちら≫ から


【主催】

数学恊働プログラム

【共催】

「電子状態計算への応用を指向した行列計算ライブラリの機能拡張とメニーコア向け最適化(科研費)」、「超大規模超並列電子状態理論による100ナノスケール系デバイス研究」、
「数理構造の抽出と保存を中心とした次世代エレクトロニクス材料設計基盤の創出(科研費)」

【協賛】

ポスト京プロジェクト重点課題7「次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創成」

注:本研究会はポスト京プロジェクト重点課題7(次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創成)内サブサブ課題「基盤的超並列計算アルゴリズム」のインフォーマルミーティングも兼ねる。


 

 

タグ:
終了したイベント
H30年度 ポスト「京」重点課題(7) 第3回CDMSI研究会
ポスト「京」重点課題(7)サブ課題G 第8回「共通基盤シミュレーション手法 」連続研究会 「データ駆動科学と高速計算科学」
第 2 回陽電子回折研究会
Symposium on Materials Science and Technology towards Energy-Saving Society (MASTES2018)
第5回材料系ワークショップ ~第一原理計算とインフォマティクス~
Innovation Camp 2018 for Computational Materials Science(ICCMS2018)
International Workshop on Massively Parallel Programming for Quantum Chemistry and Physics 2018
ポスト「京」重点課題7E「高信頼性構造材料」と萌芽的課題 基礎科学の挑戦A「破壊とカタストロフィ」第2回合同研究会
ポスト「京」重点課題 (7)「次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料 の創成」 サブ課題G 第7回「共通基盤シミュレーション手法」連続研究会
ポスト「京」重点課題(7)「 次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創成 」サブ課題G 第6回「共通基盤シミュレーション手法 」連続研究会
2nd International Symposium on Research and Education of Computational Science (RECS)
第3回CDMSI(ポスト「京」重点課題(7))シンポジウム ~次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創成~
Development of next-generation quantum material research platform (Next QUMAT2017)
Car-Parrinello Molecular Dynamics in 2017
第4回材料系ワークショップ 〜分子動力学計算を中心として〜
新機能デバイス・高性能材料のための産官学連携フォーラム 第3回会合
第2回CDMSI(ポスト「京」重点課題(7))研究会
KOBE HPC Spring School 2017
The 7th AICS International Symposium
ポスト「京」重点課題 (7) サブ課題G 第5回「共通基盤シミュレーション手法」連続研究会「低次元量子相のスペクトロスコピー ~計算と実験の協奏~」
CDMSI International Workshop on "Scale bridging for the atomistic design of high performance materials”
International Workshop on Computational Science 2017 @ KANAZAWA
第一回大型実験施設とスーパーコンピュータとの連携利用勉強会 「ThCr2Si2型結晶構造における強相関電子物性と格子物性の関わり 〜鉄系超伝導体を中心に〜」
重点課題7E「高信頼性構造材料」と 萌芽的課題 基礎科学の挑戦A「破壊とカタストロフィ」の第1回合同研究会
ポスト「京」重点課題(5) 第3回公開シンポジウム
第2回CDMSI(ポスト「京」重点課題(7))シンポジウム ~次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創成~  The 2nd CDSMI Symposium : Creation of new functional Devices and high-performance Materials to Support next-generation Industries(CDMSI)
RIKEN AICS HPC Youth Workshop 2016
研究会「計算物質科学における時空間アップスケーリングと数理手法」
新機能デバイス・高性能材料のための産官学連携フォーラム 第2回会合
第3回成果報告会(平成28年10月21日開催)
第2回材料系ワークショップ
「第3回 大型実験施設とスーパーコンピュータとの連携利用シンポジウム - 最先端電池材料 -」
第1回ポスト「京」重点課題(7)研究会 「次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創成」
International Workshop on Tensor Networks and Quantum Many-Body Problems (TNQMP2016)
新機能デバイス・高性能材料のための産官学連携フォーラム第一回会合
ポスト「京」重点課題 (7)「次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料 の創成」サブ課題G 第4回「共通基盤シミュレーション手法」連続研究会
産応協、CMSI、ポスト京重点課題5・6・7合同 産学官連携シンポジウム2016
第1回 ポスト「京」重点課題(7) 「次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創成」シンポジウム
第一原理多体摂動論ワークショップ---多体摂動計算手法の現状と展望--- (第2回「共通基盤シュミレーション手法」連続研究会 )
第2回「共通基盤シミュレーション手法」連続研究会
第1回「共通基盤シミュレーション手法」連続研究会
もっと...