現在位置: ホーム イベント ポスト「京」重点課題 (7) サブ課題G 第5回「共通基盤シミュレーション手法」連続研究会「低次元量子相のスペクトロスコピー ~計算と実験の協奏~」

ポスト「京」重点課題 (7) サブ課題G 第5回「共通基盤シミュレーション手法」連続研究会「低次元量子相のスペクトロスコピー ~計算と実験の協奏~」

作者: 下敷領恵美 最終変更 2017年02月02日 13時04分
第5回研究会では、サブ課題7gの一つのミッションである大型実験施設との連携を念頭に、低次元量子相のスペクトロスコピーに関する計算と実験研究の交流を促進すための議論を行います。
日時 2017年02月23日
13時00分 から 18時00分 まで
場所 東京理科大学葛飾キャンパス 講義棟6階609教室
カレンダーに追加 vCal
iCal

【開催趣旨】

計算物質科学の対象は光・電子デバイス材料、磁石材料、構造材料、機能性化学品等、 多岐に亘り、これらの物質のシミュレーションにはそれぞれに特化した手法が開発されています。しかし一方で物質・材料シミュレーションでは対象とする物質・材料や現象が異なっていても用いる計算手法や背後にある考え方、さらにはアプリケーション自体も多くが共通しており、これらの手法を課題毎に個別に開発するのではなく共通する部分を見極め、基盤的シミュレーション手法・アプリケーションとして開発することにより、課題間の連携が大いに促進することが期待されます。この様な認識の下で、計算物質科学コミュニティにおいて計算手法、共通基盤アプリケーション、基盤的並列数値計算アルゴリズム、さらに実験との連携課題等に関して恒常的に議論する場を提供するために、本連続研究会は企画されました。 各会の研究会では共通する手法やアプリケーションに関する特定の話題にフォーカスし、深く議論する機会を提供します。 第5回研究会では、サブ課題7gの一つのミッションである大型実験施設との連携を念頭に、低次元量子相のスペクトロスコピーに関する計算と実験研究の交流を促進すための議論を行います。

 

【開催概要】
日 時: 平成29年2月23日(木)午後1時~6時
場 所: 東京理科大学葛飾キャンパス 講義棟6階608教室
参加費: 無料
事前参加登録は不要です。当日会場にお越し下さい.。


【プログラム】

13:00-13:05 はじめに 遠山 貴巳(東京理科大学)
<新二次元構造と電子・スピン励起>
13:05-13:30 「シリセンの実験的合成と構造・電子状態評価」 高村(山田) 由起子(北陸先端大学)
13:30-13:55 「内殻電子の絶対束縛エネルギーの第一原理計算手法開発とシリセンへの応用」 尾崎 泰助 (東京大学物性研究所)
13:55-14:20 「全反射高速陽電子回折によるシリセン・ゲルマネンの構造決定」 深谷 有喜 (日本原子力研究開発機構)
14:20-14:40 休憩
<銅酸化物高温超伝導体の共鳴非弾性X線散乱>
14:40-15:05 「銅酸化物の共鳴非弾性X線散乱の実験的研究」 石井 賢司 (量子科学技術研究開発機構)
15:05-15:20 「銅酸化物の共鳴非弾性X線散乱の理論的研究」 筒井 健二 (量子科学技術研究開発機構)
<鉄系超伝導体のスピン励起>
15:20-15:45 「中性子散乱による鉄系超伝導体の研究」 李 哲虎 (産業技術総合研究所)
15:45-16:00 「鉄系超伝導体母物質におけるスピン・電荷励起スペクトルの計算」 兼下 英司 (仙台高等専門学校)
16:00-16:20 休憩
<量子スピン系の励起ダイナミクス>
16:20-16:45 「スピン分子 ーフラストレート系における特異な励起とその物性ー」 富安 啓輔 (東北大学)
16:45-17:00 「ダイヤモンド型量子スピン鎖A3Cu3AlO2(SO4)4 (A=K,Rb,Cs) の磁気解析」 森田 克洋 (東京理科大学)
<強相関系のスペクトル計算>
17:00-17:25 「量子スピン液体近傍における熱励起とスピン励起」 山地 洋平 (東京大学)
17:25-17:40 「クラスタ摂動論による異方的三角格子ハバード模型の一粒子励起スペクトル計算」 関 和弘 (理化学研究所)
17:40-17:55 「Numerical Study of Excitation Dynamics of S=1/2 Square Lattice Antiferromagnetic Heisenberg Models」 正木 晶子 (理化学研究所)

 

【お問い合わせ】

東京理科大学理学部 遠山貴巳 tohyama[-at-]rs.tus.ac.jp/([-at-]は@にしてください。)

タグ:
終了したイベント
Car-Parrinello Molecular Dynamics in 2017
第4回材料系ワークショップ 〜分子動力学計算を中心として〜
新機能デバイス・高性能材料のための産官学連携フォーラム 第3回会合
第2回CDMSI(ポスト「京」重点課題(7))研究会
KOBE HPC Spring School 2017
The 7th AICS International Symposium
ポスト「京」重点課題 (7) サブ課題G 第5回「共通基盤シミュレーション手法」連続研究会「低次元量子相のスペクトロスコピー ~計算と実験の協奏~」
CDMSI International Workshop on "Scale bridging for the atomistic design of high performance materials”
International Workshop on Computational Science 2017 @ KANAZAWA
第一回大型実験施設とスーパーコンピュータとの連携利用勉強会 「ThCr2Si2型結晶構造における強相関電子物性と格子物性の関わり 〜鉄系超伝導体を中心に〜」
重点課題7E「高信頼性構造材料」と 萌芽的課題 基礎科学の挑戦A「破壊とカタストロフィ」の第1回合同研究会
ポスト「京」重点課題(5) 第3回公開シンポジウム
第2回CDMSI(ポスト「京」重点課題(7))シンポジウム ~次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創成~  The 2nd CDSMI Symposium : Creation of new functional Devices and high-performance Materials to Support next-generation Industries(CDMSI)
RIKEN AICS HPC Youth Workshop 2016
研究会「計算物質科学における時空間アップスケーリングと数理手法」
新機能デバイス・高性能材料のための産官学連携フォーラム 第2回会合
第3回成果報告会(平成28年10月21日開催)
第2回材料系ワークショップ
「第3回 大型実験施設とスーパーコンピュータとの連携利用シンポジウム - 最先端電池材料 -」
第1回ポスト「京」重点課題(7)研究会 「次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創成」
International Workshop on Tensor Networks and Quantum Many-Body Problems (TNQMP2016)
新機能デバイス・高性能材料のための産官学連携フォーラム第一回会合
ポスト「京」重点課題 (7)「次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料 の創成」サブ課題G 第4回「共通基盤シミュレーション手法」連続研究会
産応協、CMSI、ポスト京重点課題5・6・7合同 産学官連携シンポジウム2016
第1回 ポスト「京」重点課題(7) 「次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創成」シンポジウム
第一原理多体摂動論ワークショップ---多体摂動計算手法の現状と展望--- (第2回「共通基盤シュミレーション手法」連続研究会 )
第2回「共通基盤シミュレーション手法」連続研究会
第1回「共通基盤シミュレーション手法」連続研究会
もっと...