現在位置: ホーム イベント 第 2 回陽電子回折研究会

第 2 回陽電子回折研究会

作者: Fujita — 最終変更 2018年03月16日 10時07分
日時 2018年03月30日
12時00分 から 18時00分 まで
場所 高エネルギー加速器研究機構(KEK) つくばキャンパス 3 号館 1 階会議室
カレンダーに追加 vCal
iCal

【開催趣旨】

KEK物構研低速陽電子実験施設では、世界に類のない高輝度低速陽電子ビームを用いた 全反射高速陽電子回折(Total-reflection high-energy positron diffraction, TRHEPD, トレプト)装置の共同利用で、未知の表面構造(詳細な原子配列)決定の成果が挙がっています。 すべての物質において結晶内部の静電ポテンシャルは至る所正なので、表面すれすれの角度 で入射された正電荷をもつ粒子は全反射されます。TRHEPD は、全反射の臨界角が測定角 度範囲のほぼ中央にあり、全反射で最表面の原子配列だけを見ることも、結晶中に侵入させ て表面近内部の原子配置を見ることもできます。このような特徴を持つ観測手法は他には存 在しません。2017 年度には低速陽電子回折(Low-energy positron diffraction, LEPD, レプト)装置も完成して測定が始まりました。
そこで、TRHEPD と LEPD のこれまでの成果と今後の発展の方向を議論するために、本年度も TIA(つくばイノベーションアリーナ)連携「かけはし」による調査研究の研究会を開催いたします。今回は「ポスト「京」重点課題(7)」との共催で、計算科学・データ科学との連携による陽電子回折データの解析の高度化の道すじも議論します。多数の皆様のご参加を歓迎いたします。 当日参加可能ですが、懇親会にも是非ご参加頂きたく、懇親会参加ご希望の方は 3 月 22日(木)までに hyodot[at]post.kek.jp まで、ご所属・ご氏名をお知らせいただければ幸甚です。 
※上記メールアドレスにご連絡の際は[at]を@に変えてください。

 

【開催概要】

日 時:  2018年3月30日(金)12:50より
会 場:  高エネルギー加速器研究機構(KEK) つくばキャンパス    3 号館 1 階会議室 
参加費:  無料
当日参加:   可能
懇親会参加登録締切: 2018年3 月22日(木) 17:00
hyodot[at]post.kek.jp まで、ご所属・ご氏名のご連絡をお願いいたします。

※上記メールアドレスにご連絡の際は[at]を@に変えてください。

 

詳しくは ≪こちら≫をご確認ください。

 

【プログラム】

12:50 永井 康介(KEK、東北大) あいさつ
13:00 兵頭 俊夫(KEK)    「KEK 物質構造科学研究所低速陽電子実験施設の概要と陽電子回折実験」
13:20 遠藤 由大(東大)    「全反射高速陽電子回折(TRHEPD)による 2 層グラフェン層間化合物の構造解析」
13:40 田中 悟 (九大)    「IV 族三角格子原子層の成長と電子物性」
14:00 枝元 一之(立教大)   「TRHEPD による Ag(100)上のバナジウム酸化物超薄膜の構造解析」
14:20 松田 巌 (東大)    「ディラック線をもつ単原子シート(仮)」
14:40   休憩
14:55 平川 力 (AIST)    「光照射による酸化チタン単結晶表面構造への影響」
14:15 望月 出海(KEK)    「全反射高速陽電子回折(TRHEPD)をもちいた方位角プロットによる構造解析」
15:35 和田 健 (QST)    「低速陽電子回折による表面ホログラフィ実験の進捗状況」
15:55 西谷 智博(名大)    「(招待)半導体フォトカソードの研究開発と電子ビーム技術の事業 化」
16:25 休憩
16:40 中西(大野)義典(東大) 「陽電子回折データからベイズ推論をするためのモデリング」
17:00 星 建夫 (鳥取大)   「陽電子回折むけ解析ソフトウェアの高度化」
17:20 一宮 彪彦(名大)    「高速ポジトロニウム回折の動力学的理論」
17:40 満汐 孝治(東理大)   「エネルギー可変ポジトロニウムビームの開発と表面回折への展開」
18:00 閉会
18:15 懇親会  会場:研究本館ラウンジ

 

【主催】

KEK 物構研 PF 低速陽電子実験グループ

 

【共催】

ポスト「京」重点課題 (7)「次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創成」 (CDMSI)
KEK 物構研低速陽電子実験施設ユーザーアソシエーション(SPF-UA)

 

【研究会世話人】

兵頭 俊夫(KEK 物構研 PF 低速陽電子実験 G、029-864-5658、hyodot[at]post.kek.jp)
星 健夫 (鳥取大学大学院工学研究科、hoshi[at]damp.tottori-u.ac.jp)

※上記メールアドレスにご連絡の際は[at]を@に変えてください。

タグ:
終了したイベント
第 2 回陽電子回折研究会
Symposium on Materials Science and Technology towards Energy-Saving Society (MASTES2018)
第5回材料系ワークショップ ~第一原理計算とインフォマティクス~
Innovation Camp 2018 for Computational Materials Science(ICCMS2018)
International Workshop on Massively Parallel Programming for Quantum Chemistry and Physics 2018
ポスト「京」重点課題7E「高信頼性構造材料」と萌芽的課題 基礎科学の挑戦A「破壊とカタストロフィ」第2回合同研究会
ポスト「京」重点課題 (7)「次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料 の創成」 サブ課題G 第7回「共通基盤シミュレーション手法」連続研究会
ポスト「京」重点課題(7)「 次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創成 」サブ課題G 第6回「共通基盤シミュレーション手法 」連続研究会
2nd International Symposium on Research and Education of Computational Science (RECS)
第3回CDMSI(ポスト「京」重点課題(7))シンポジウム ~次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創成~
Development of next-generation quantum material research platform (Next QUMAT2017)
Car-Parrinello Molecular Dynamics in 2017
第4回材料系ワークショップ 〜分子動力学計算を中心として〜
新機能デバイス・高性能材料のための産官学連携フォーラム 第3回会合
第2回CDMSI(ポスト「京」重点課題(7))研究会
KOBE HPC Spring School 2017
The 7th AICS International Symposium
ポスト「京」重点課題 (7) サブ課題G 第5回「共通基盤シミュレーション手法」連続研究会「低次元量子相のスペクトロスコピー ~計算と実験の協奏~」
CDMSI International Workshop on "Scale bridging for the atomistic design of high performance materials”
International Workshop on Computational Science 2017 @ KANAZAWA
第一回大型実験施設とスーパーコンピュータとの連携利用勉強会 「ThCr2Si2型結晶構造における強相関電子物性と格子物性の関わり 〜鉄系超伝導体を中心に〜」
重点課題7E「高信頼性構造材料」と 萌芽的課題 基礎科学の挑戦A「破壊とカタストロフィ」の第1回合同研究会
ポスト「京」重点課題(5) 第3回公開シンポジウム
第2回CDMSI(ポスト「京」重点課題(7))シンポジウム ~次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創成~  The 2nd CDSMI Symposium : Creation of new functional Devices and high-performance Materials to Support next-generation Industries(CDMSI)
RIKEN AICS HPC Youth Workshop 2016
研究会「計算物質科学における時空間アップスケーリングと数理手法」
新機能デバイス・高性能材料のための産官学連携フォーラム 第2回会合
第3回成果報告会(平成28年10月21日開催)
第2回材料系ワークショップ
「第3回 大型実験施設とスーパーコンピュータとの連携利用シンポジウム - 最先端電池材料 -」
第1回ポスト「京」重点課題(7)研究会 「次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創成」
International Workshop on Tensor Networks and Quantum Many-Body Problems (TNQMP2016)
新機能デバイス・高性能材料のための産官学連携フォーラム第一回会合
ポスト「京」重点課題 (7)「次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料 の創成」サブ課題G 第4回「共通基盤シミュレーション手法」連続研究会
産応協、CMSI、ポスト京重点課題5・6・7合同 産学官連携シンポジウム2016
第1回 ポスト「京」重点課題(7) 「次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創成」シンポジウム
第一原理多体摂動論ワークショップ---多体摂動計算手法の現状と展望--- (第2回「共通基盤シュミレーション手法」連続研究会 )
第2回「共通基盤シミュレーション手法」連続研究会
第1回「共通基盤シミュレーション手法」連続研究会
もっと...