現在位置: ホーム
作者: admin 最終変更 2018年10月01日 19時57分

CDMSIのウェブサイトをリニューアルいたしました。

CDMSIのウェブサイトをリニューアルいたしました。
https://cdmsi.issp.u-tokyo.ac.jp/

EVENT

CDMSI International Workshop on "Scale bridging for the atomistic design of high performance materials”

(STATION CONFERENCE TOKYO, 2017年02月20日 13時00分 から 2017年02月21日 17時30分 まで)

This workshop brings together experts in structural materials, magnets, and chemicals to define/discuss problems associated with applying models to multiple-scales . With the aim to bridge gaps in scales, developments in each study field will be presented, and the importance of mutual understanding and cross utilization of multidisciplinary technologies will be addressed.

もっと読む

Car-Parrinello Molecular Dynamics in 2017

(EPOCHAL TSUKUBA, 2017年10月18日 00時00分 から 2017年10月20日 00時00分 まで)

CPMD2017

もっと読む

ポスト「京」重点課題(5) 第3回公開シンポジウム

(東京大学 武田先端知ビル 5階 武田ホール , 2016年12月15日 13時00分 から 2016年12月16日 17時00分 まで)

重点課題(7)は、重点課題(5)の第3回公開シンポジウムを協賛致します。  本シンポジウムでは、4題の特別講演と3つのサブ課題毎に課題実施者及び研究員からトピックスや進捗、および基盤アプリの設計開発状況を報告いたします。

もっと読む

第2回CDMSI(ポスト「京」重点課題(7))シンポジウム ~次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創成~  The 2nd CDSMI Symposium : Creation of new functional Devices and high-performance Materials to Support next-generation Industries(CDMSI)

(東京大学物性研究所6階 大講義室, 2016年12月06日 12時00分 から 2016年12月07日 16時15分 まで)

7つのサブ課題の進捗とトピックス、および、ポスト「京」とのコデザイン状況を報告いたします。また、関連する「ポスト「京」重点課題・萌芽的課題」と「企業からの期待」に関する招待講演により、情報共有と課題間共創を図ります。皆様奮ってご参加ください。 Recent developments and new topics will be presented by 7 category groups and Co-Design Project. Also presenting are guest speakers from the industry and "Exploratory Challenge on Post-K computer" and other Post-K projects.

もっと読む

重点課題7E「高信頼性構造材料」と 萌芽的課題 基礎科学の挑戦A「破壊とカタストロフィ」の第1回合同研究会

(大阪大学大学院基礎工学研究科 D棟4階セミナー室 (豊中キャンパス), 2017年01月10日 10時00分 から 2017年01月10日 16時50分 まで)

ポスト「京」 重点課題(7)サブ課題E「高信頼性構造材料」と萌芽的課題1「基礎科学のフロンティア-極限への挑戦」サブ課題A「破壊とカタストロフィ」の第1回合同研究会を開催します。重点課題の業務参加者、協力者のご参加をお待ちしております。

もっと読む

もっと...

ポスト「京」重点課題⑦ 「次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創成」


国際競争力の高いエレクトロニクス技術や構造材料、機能化学品等の開発を、大規模超並列計算と計測・実験からのデータやビッグデータ解析との連携によって加速し、次世代の産業を支えるデバイス・材料を創成する。